日本韓国語教育学会10周年記念式及び第10回国際学術大会のご案内

および研究発表エントリーのお知らせ


   会員の皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。標記の大会について、下記の日程で開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

日時:2019年11月8日(金):10周年記念式及び国際シンポジウム
   2019年11月9日(土):国際学術大会 場所:駐日韓国文化院(東京)     (https://www.koreanculture.jp/access.php)
 東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 1、2番出口より新宿方面徒歩3分

 本学会は今年で10 周年を迎えます。設立10周年にあたり、駐日韓国文化院及び世宗学堂と共同主催で、駐日韓国文化院で2019年 11 月 8 日(金)に「10 周年記念式及び国際シンポジウム」、9日(土)に「国際学術大会」を開催することになりました。本学会員の皆様、学術交流協定を締結している韓国語教育研究学会の皆様及び日頃より様々なご支援をいただいております各団体の関係者様、是非ご参加いただき、10周年の喜びをともに分かち合いたいと思います。
 なお、国際学術大会における研究発表の申請は次頁以降をご参考ください。研究発表については、ふるってご応募いただければ幸いです。詳細な大会プログラム及び大会参加申請書は決まり次第、ホームページにてご案内申し上げます。

日本韓国語教育学会長 文慶喆

 

 

研究発表エントリー開始のご案内


 第10回日本韓国語教育学会学術大会で発表を希望する会員は、下記をご参考の上、お申し込みください。 
1. 分野:「韓国語教育学/韓国語学」「韓国文学」「韓国文化/韓国学」「実践韓国語教授法」
2. エントリー締め切り:6月30日
  発表テーマと要旨、A4用紙1枚(次頁「研究発表応募様式」を参照)
3. 採否の連絡は7月中にe-mailで通知します。
4. 発表原稿締め切り:8月31日
  分量はB5判6枚以内(次々頁「発表原稿作成要領」を参照)
5. 提出先・お問い合わせ:大会運営委員会
     e-mail: jakletaikai@gmail.com
   大会運営委員 文嬉眞、印省熙、徐寅錫、金珉秀、柳朱燕



第10回学術大会 研究発表応募様式

題目

 

(ふりがな)
氏名

 

所属・職位>

 

住所:〒

電話:             e-mail

発表要旨:1000字程度(字数には、図表などを含む)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応募様式のword形式はここをクリックしてください。

 


発表原稿作成要領

			 
 1. 日本語、韓国語、英語のいずれかの言語で作成することを原則とする。

 2. 分量はB5判で6枚(英文は4枚)以内とする。

 3. Ms wordファイルで作成し、余白は上下左30mm、右25mmとし、

  1行35字(英文は70字)、1頁30行とする。

 4. 文字のサイズは11ポイントとし、フォントは日本語ならMS明朝体、

  韓国語ならBatang体、英語ならTimes New Roman体とする。

 5. 参考文献の文字サイズは9ポイントとし、原稿の末尾にまとめて付ける。

 6. 注の文字サイズは9ポイントとし、当該ページの下に付ける。

 7. ヘッダー、フッター、頁数はつけない。

 8. 題目と氏名は1枚目の上に入れる。文字のサイズは、発表題目は14ポ

  イント太字の中央揃え、氏名は12ポイント太字の右寄せとする。所属

  は11ポイントとし、論文の最後に「(・・・・)」のようにして入れる。

 9. 要旨(1枚以内)は、日本語原稿の場合は韓国語もしくは英語で作成し、

  韓国語原稿の場合は日本語もしくは英語で作成し、1枚目の題目と氏名の下に付

  ける。文字のサイズとフォントは原稿と同一のものとする。
										
										
									
							

ホームページにもどる