会長・監査選出手続要領

会長候補選考手続要領

(別紙)JAKLE会長候補者推薦書

(別紙)JAKLE会長候補者推薦書 wordダウンロード

ホームページにもどる

会長・監査選出手続要領

2016.7.21

第1条 (趣旨)

1. この要領は、会則第10条1.に定める会長候補者選考後、総会においての会長選出に必要な事項を定めるものとする。

2. なお、総会においての監査選出に必要な事項をも定めるものとする。


第2条 (最終候補者の決定)

1. 会長候補選考委員長(以下「委員長」と称す)は、選考審査を完了し、候補者を選考したときは、総会において選考経緯と選考結果を会員に報告するものとする。

2. 委員長は、総会の意見を聞いて最終候補者を決定するものとする。


第3条 (投票の実施)

1. 総会で最終候補者が決定しない場合は、会長候補者に対する賛否投票を実施する。

2. 投票は、総会に出席した年会費納入済みの会員(会長候補者を除く)により、投票箱を設けて行う。


第4条 (投票の成立等)

1. 投票は、有効投票数が投票総数の過半数を占めなければ成立しない。なお、白票は無効票とする。

2. 会長候補最終決定者は、有効投票数の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。


第5条 (選考のやり直し)

投票でも会長候補最終決定者が決まらない場合は、総会の意見を附して会長候補選考のやり直しを選考委員会に戻す。


第6条 (投票の管理)

1. 投票用紙及び投票箱は、会長候補選考委員会が管理し、投票前に、委員長の指名する委員2名(以下「投票監視員」という。)がその確認を行う。

2. 投票監視員の立会いの下、開票を行い、その結果を委員長に報告し、委員長は総会に報告する。

3. 開票後の投票用紙は、同選考委員会が投票執行の日から起算して3ヶ月間保管する。


第7条 (監査の選出)

会長候補最終決定者は、総会で次期監査候補を指名し、総会の意見を聞いて決定するものとする。


附則

この要領は、制定の日から施行する。






会長候補選考手続要領

2017.2.4

第1条(趣旨)

この要領は、会則第10条1.に定める会長候補の選考に関し、必要な事項を定めるものとする。


第2条(会長候補選考委員会の設置)

1. 筆頭副会長は、会長任期満了6ヶ月前から会長候補選考委員会を設置し、会則第10条1.の②の定めにより会長候補選考委員長(以下「委員長」と称す)を担う。

2. 選考委員は、副会長と常任理事を以て構成する。

3. 委員長が会長候補者の推薦を受けたときは、他の副会長もしくは総務理事、その他の出席役員が委員長を担う。


第3条(会長候補者の推薦)

1. 会長候補者になるには役員6名以上の推薦を受けなければならない。

2. 推薦人は、別紙の推薦書に推薦する候補者名と必要事項を記載し、押印の上、委員長に提出しなければならない。

3. 各推薦人は1名のみの候補推薦ができる。


第4条(議決)

1. 選考委員会は、委員の3分の2(委任状による参加者を含む)以上が出席しなければ会議を開くことができない。

2. 委員会に欠席する者で、委任状を提出し、かつ予め書面により議事につき意思を表示した者は、当該事項について議決に参加したものと認める。

3. 委員会の議決は、出席委員の最多票獲得者で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。



附記

この要領は、制定の日から施行する。











(別紙)

年   月   日

JAKLE会長候補者推薦書


会長候補選考委員長 様


推薦人             ㊞


日本韓国語教育学会の会長選考に関する会則第10条1.の規定に基づき、下記の者を第5期会長候補者として推薦します。


氏名:


現職:


推薦の理由: