2010.11.13~14 日本韓国語教育学会創立記念国際学術大会

               11月13日 午前の部

【開会セレモニー】 崔起鎬・ウランバートル大学総長による祝辞。それ以外の登壇者は左から金敬鎬・日本韓国語教育学会副会長、姜奉植・日本韓国語教育学会会長、大石満雄・花巻市長、呉英元・二松学舎大学名誉教授

パネリストによる発表および討論。左から司会の宋貞熹先生、パネリストの崔起鎬先生、金重燮先生、Valentina N.Lim先生、金成蘭先生、小栗章先生

金重燮・国際韓国語教育学会会長による「韓国内における韓国語教育の現況」

ロシアの韓国語教育について語るValentia N.Lim極東国立人文大学教授

 

 

午後の部(淵澤能恵フォーラム)

左端が高橋寛先生、パネリストは右から村上淑子先生、淵澤定克先生、小林由美子先生、宋鍍永先生、姜奉植先生

淵澤能恵と親しかった自分の祖母のエピソードなどを語る小林由美子先生

韓国で「淵澤能恵の生涯」を出版した현학사の宋鍍永社長

 

パネリストの発言・討論の後、客席からも多くの質疑が寄せられました。

   11月14日 研究発表の後、岩手県立大学・アイーナキャンパスにて、国立国語院の崔溶奇・教育振興部長より

   「韓国語教育の国際化について」と題して講演がありました。